借金生活からの脱出

はじめてキャッシングで借金をした体験談

 

私は昔から借金だけは絶対したくない、と思っていました。
しかし、私にとって唯一の親友が海外で結婚式をするのでどうしても出席して欲しいと言われ、ボーナス前にどうしてもお金が必要となってしまったのです。
悩んだ結果、キャッシングをすることにしました。
ボーナスという臨時収入があるので一ヶ月で返済できるはず、という自信がありました。
最近のキャッシングは申し込みが非常に簡単で、インターネットを利用することができます。
提出書類も画像をアップロードするだけ、借金をしているという感覚はありません。
私も申し込む時にはドキドキでしたが、いざ審査に通過してお金が振り込まれてしまうと拍子抜けした感じがしました。
無事に結婚式に出席できましたが、それから一ヶ月後のボーナスまで、臨時の出費がないことだけを願っていました。
例えば自分が事故に遭って入院してしまうと治療費がかかるだけではなく、収入自体が減ってしまいます。
ボーナスが出るまでは徹底的に体調管理に気を配り、道を歩く時も周囲に注意をするようになりました。
借りたお金は10万円、借りるのも返すのも非常に簡単でしたので、今では慣れてしまって借金を繰り返す人の気持ちが少し理解できたような気がします。

 

 

私は、張りのある生活を楽しんでいるのか!?

 

マジメな借金生活に入っていつも思うことと言えば、コツコツと毎月の稼ぎのなかから返済できているのに、なぜ貯められないのかということです。
借入を繰り返す人の多くが、「なんだかローンがないと、生活に張りがない」などと言っていると聞きましたが、実際に今自分がそのような感覚が芽生えていることに気付きますね。
しかしそうは言っても、私が借り入れる金額なんて、お金持ちの人にすればたかが知れている金額です。私は3桁万円は借りませんから。せいぜい30万円ぐらいなのです。けれども、なかなか貯められないのですよね。
借金がないと気が緩んでしまうのか、生活費の中から貯金にまわせるように、節約してお金を浮かすということができないのです。
ついつい使い込んでしまい、そしてお金が足りなくなって、プチ金額を借り入れたりもしてしまうのですよね。
そして、給料日にまず返済をおこない、残りの金額でカツカツになりながらも生活する?といったことも、借入はしていないながらも、借金生活にカウントされることでしょう。
借金を返済したおかげで、生活を切り詰めざるを得ないのですから。
しかしこの生活に実際問題として、「張り合い」を感じてしまっている自分がいるのも事実ですね。
まあ私の場合、少額の借り入れですから、張りのある生活を楽しんでいる風にも捉える人はいるのですが、しかし否定はできないですね。

 

 

借金に対する余計な口出し

 

いつも慢性的にローンを抱えている私は、よく「なあ、ローンは返済が大変だろ? お前もそろそろ借金生活から足を洗えよ」などと知人から言われます。
また、「借入なんて、すればするほど損だ。なのになぜ借金なんかするんだ?」とも言われます。
そんなことを言われるたびに、私は心の中で、『余計なお世話だ』と言い返しています。
更には、『ローンは損だと? そんなことは言われなくても分かってる。借金生活から足を洗え? それが出来ないから苦労してるんだよ!』と激しく言い返します。
もちろん、心の中で。
とにかく、私だって好きで借金をしているわけではありません。
せざるを得ない、人に言えない深い理由があるのです。
そのことを、誰もなかなか分かってくれません。
所詮お金の苦労というものは、したことの無い人には分かりません。
私は、それを知人たちに分かって欲しいと言っているのではありません。
分かってもらえなくて結構です。
ただ、どうせ分からないのだから、何も言わず黙って見守っていて欲しいと願っているだけなのです。
お金で苦労している時に横から余計な口出しをされると、本当にイライラします。
ストレスがドンドン溜まっていくのが自分でも分かります。それが苦しくて辛いのです。

 

 

借金の意味のあるなし

 

ただ単に遊びに使うお金を借りるというのはあまり感心しない気がしますが、同じ借金でも事業のために使うものは時には必要なものと判断できることがあります。
世の中には融資を得てこそ事業を拡大できる可能性が広がるわけで、下手に守りに入ろうとしてビジネスチャンスを逃す企業だって数え切れないほどあるものです。
自己資金で何でもできるなら誰も困りませんが、それは商売として大きくなればなるほど難しい話になってきます。
いかに銀行から大きな借入ができるかは、言い換えれば大きな信用があるかどうかということでもあり、それが返せるだけのビジネスが出来ていること自体が凄いと考えるべきです。
同じ事業資金で同じ借金でも意味の無い場合もあります。
借り入れたはいいものの返済の見込みが立たないなんてことはよく見掛けることですが、おそらくそれは想定外で業績が伴わなかったケースと、言葉は悪いですがイチかバチかで借り入れしたケースとに分かれると思います。
特に個人事業レベルなど小さな事業の規模ですと、冷静に考えれば確率的に自重すべき場面でも手を出してしまうことがあります。
業績が急に悪化した時などはそうなりがちで、改善すべきポイントがややずれている時に余計な出費をしてしまうケースです。
後で考えれば簡単な話だったりするものですが、目先の利益に惑わされすぎてしまうわけです。
案外誰でも陥る可能性はあることで、それがわかっている人がまっとうな経営者とも言えます。